A woman is worry

副作用について

a girl is stress

避妊をしていたにも関わらず、失敗してしまった!避妊具がなくてセックスをしてしまった!そういった場合でもアイピルを服用することで問題が解消されます。
しかし、アイピルというのは効果が高い文、副作用が起こる可能性はゼロではありません。人によって発生する副作用というのは異なりますし、症状の程度も変わってきます。そのため、アイピルを服用するという場合には十分副作用についても理解をしておく必要があります。

アイピルの成分には主にレボルゲストレルというものが含まれています。この成分というのは体内の黄体ホルモンに作用します。そうなると、着床を防止します。着床しかけている場合にも無理やり剥がしてくれますので生理が訪れます。つまり、アイピルを服用して生理が訪れたら避妊に成功したということになります。

副作用には個人差がありますが、主に吐き気です。アイピルを服用して吐き気が起こる女性というのは20~30%と言われています。
吐き気というのは非常につらい症状ではありますが、ずっと継続されるわけではありません。ただ、どうしても吐き気が辛い…ということで実際に戻してしまう方も存在しています。アイピルを服用してから2時間以内に吐いてしまったという場合には、薬の十分な効果が得られませんので、再度服用する必要があります。

アイピルを服用することで生理が訪れますが、多くの場合3週間以内に訪れます。3週間を過ぎても生理が来ないという場合には妊娠している可能性があるので医師に相談しましょう。